臨床心理士の活躍の場 一般企業

臨床心理士が一般企業で働く場合もあります。
企業内においてカウンセラーとして勤務し、従業員や経営者の心理カウンセリングや心理コンサルテーションを行い、職場での生活の向上を目指して活動します。

職場内、特に大きな企業の場合、被雇用者が職場の複雑な人間関係や、仕事への適正などで心理的なトラブルを抱えていることも少なくありません。
そこで企業内の診療所に臨床心理士を常駐させ、カウセリング業務を行っている企業もあります。

ただし、そのような被雇用者のメンタルヘルスに配慮する企業はごく一部で、臨床心理士を常駐させる余裕のない企業では、外部から臨床心理士を非常勤で招き入れ、必要な時期や決められた期間のみ企業内に置くことも多いようです。

また、臨床心理士でなくても、人事担当者や社内研修の担当者が産業カウンセラーなどのカウンセリング関連の資格を取得し、カウンセリングを行っている場合もあるようです。

カウンセリング関連の資格は多数ありますが、その中でも産業カウンセラーは有名な資格です。
臨床心理士と産業カウンセラーは、カウンセリングを行うことなど似た点もありますが、産業カウンセラーの方が能力開発や人材育成、職場の衛生環境など、企業を組織として捉え、それに精通している必要があります。
臨床心理士は臨床心理学に基づき、こころの問題の専門家として相談者に心理テストや心理カウンセリングを行います。
臨床心理士は相談者のこころの問題に真摯に向き合い、問題解決のためにケア・サポートを行うことが主な仕事のため、産業カウンセラーとは取り扱う内容が多少変わってきます。

臨床心理士とは?

活躍の場

臨床心理士の仕事

行われる心理療法

臨床心理士になるには

類似の資格

このページの先頭へ