専門職大学院

臨床心理士になるための試験を受験する際に、専門職大学院を修了していれば受験が可能です。
指定大学院2種の場合は、終了後に有給での臨床心理実務経験が1年以上必要ですが、専門職大学院を修了していれば実務経験は必要ありません。
また、この専門職大学院修了者は、臨床心理士試験の一次試験(筆記試験)のうちの論文記述試験が免除されます。

ところで「専門職大学院」と「大学院」はどこかどのように違うのでしょうか?
同じ大学院なのですが、専門職大学院は高度専門職業人を養成することを目的としています。
目的が既存の大学とは異なっているため、その内容も一般の大学院とは異なっています。

専門職大学院では研究指導員を置く必要がなく、その代わりに実務経験を持つ教員が一定数配置されています。
知識・理論はもちろんですが、経験や実務も重要視されます。

修業年限は、2年が標準となっていますが、1年で修了することもあれば3年で修了することもあります。
無事に修了することができれば専門職学位が授与されます。

修了にあたっては研究論文の提出などは必須要件ではなく、一定期間以上在学すること、必要な単位数の修得だけが修了の必須要項となります。

また、この専門職大学院に入学する方法ですが、まず大学卒業者(卒業見込みも含む)であることが第1条件となります。
入学試験に関しては、専門科目の筆記試験が行われることもありますが、小論文や面接など、学ぶ側のやる気や意欲を重視する大学院が多いようです。

臨床心理士とは?

活躍の場

臨床心理士の仕事

行われる心理療法

臨床心理士になるには

類似の資格

このページの先頭へ