臨床心理士とは

臨床心理士とは、臨床心理学という学問の知識に基づいて、心理的なカウンセリングや臨床心理査定を行い、相談依頼者(クライエント)がどのような心理的トラブルを抱えているかを明らかにし、クライエントの状況に合わせて適切な対処を行う心理学の専門家のことです。

こころの問題を扱う専門化家には、他にも、産業カウンセラーや心理療法士、心理相談員、心理カウンセラーなど数多くの肩書きがありますが、それらは厳しい受験資格が求められるものではありません。
臨床心理士になるためには、指定大学院か専門職大学院を修了する必要があります。
臨床心理士は、誰でもいつでも取得できる資格ではないのです。
指定大学院も第1種指定大学院と第2種指定大学院に分かれており、第2種指定大学院修了者には、すぐに受験資格が与えられるわけではなく、1年以上の有給臨床実務経験がなければ受験することができません。
このように、厳しく受験資格が問われる臨床心理士は準国家資格と呼ばれるほど、他の民間の資格に比べて取得難易度が高いものです。

そのため、全国の公立高校にスクールカウンセラーとして採用される際は臨床心理士であることが必要とされ、ほかにも医療機関や司法機関、行政機関などで心理的なケアを行う業務に就く場合は、必要な資格として認められていることが多くなっています。
このように資格取得の難しさは、裏を返せば臨床心理士という資格に対する信頼や重みにつながっています。

また複雑な人間関係やストレスなどで、誰もがこころの問題を抱える可能性のある時代です。
臨床心理士は今後ますます必要とされると見込まれています。

臨床心理士とは?

活躍の場

臨床心理士の仕事

行われる心理療法

臨床心理士になるには

類似の資格

このページの先頭へ