家族療法

心理的療法の一つに「家族療法」があります。
これはアメリカで1950年代に生まれた療法で、家族セラピーやファミリー・セラピーとも呼ばれています。

この家族療法の基本的な考え方は、家族を個人個人と捉えるのではなく、家族をシステムとして捉え、個人は家族というシステムの構成員であると考えます。

家族の中の誰かに何らかの問題が起きた場合、その個人だけに焦点を当てるのではなく、治療対象を家族全体と考えます。
構成員に問題が生じた場合は、家族というシステムのどこかにほころびや問題がある、と解釈するのです。
また、問題の根本が構成員の誰か一人の中にあるとは考えず、家族同士の関係性の中にあると考えますので、特定の一人だけを責めたり、責任を押し付けるようなことはありません。

例えば、不登校で家族の誰かが学校に行くことを嫌がるようになったとします。
この場合、力ずくで不登校児を学校に行かせれば、表面上は上手くいったように見えます。
けれども、根本的な原因が何も解決していなければ、同じことを何度も繰り返してしまうでしょう。
そこで臨床心理士は、問題を抱えた家族をシステムとして捉え、その構成員同士の関係性に変化を与えるように働きかけていきます。

問題解決へのアプローチや技法は様々に研究されており、ボウエン派やコミュニケーション派、戦略派、ミラノ派、構造派、行動派、社会ネットワーク派など様々な家族システム論が展開されています。
1950年代に生まれた療法であることから、歴史や実績のある療法となっています。

臨床心理士とは?

活躍の場

臨床心理士の仕事

行われる心理療法

臨床心理士になるには

類似の資格

このページの先頭へ