産業カウンセラー

臨床心理士と同じ「こころの専門家」関連の資格は、世の中に数多くあります。
一度は耳にしたことのある資格から、聞いたこともない資格まで、その内容は様々です。
その中でも比較的名前の知られている資格は、産業カウンセラーです。

この資格は民間資格であり、社団法人日本産業カウンセラー協会が主催する産業カウンセラー試験に合格することで資格が得られます。
試験は年1回行われ、学科試験と実技試験に分かれています。

受験資格は、4年生大学学部や大学院研究科において心理学や人間科学など所定の学部や専攻過程の卒業者であること。
また、決められた科目で所定の単位を取得していることが挙げられます。
大学や大学院を卒業・修了していなくても、日本産業カウンセラー協会が行う産業カウンセラー養成講座を受講し、修了することで産業カウンセラーの資格試験を受験できます。

産業カウンセラーは、働く人々のためのカウンセラーです。
心理学を用いて、働く人たちの心の問題を自ら解決出来るように、カウンセラーが手助けします。
被雇用者のメンタルヘルスケアだけでなく、キャリア開発の援助や職場における人間関係の援助なども行っています。

ただし、臨床心理士が精神疾患や心身症の患者さんに、本格的な療法を行うほどの深い知識や技法は学べません。
この資格は、心理学の世界だけを深く学ぶことに重きを置いているわけではなく、カウンセリングはもちろん、職場の環境を改善し快適に仕事が出来るように援助したり、キャリアアップのための手助けをするなど、職場環境を改善するための資格であるからです。

臨床心理士とは?

活躍の場

臨床心理士の仕事

行われる心理療法

臨床心理士になるには

類似の資格

このページの先頭へ